観光情報(天龍村)

   

満嶋神社秋祭り(天龍村)

満島神社の秋例祭

村指定民俗文化財(昭和42年2月1日指定)

天龍村の中心地平岡、満島地区に伝わる「満島神社の秋例祭」は、大名行列の形態で近郷随一の盛大なお祭りです。

起源は、今から約400年前の天正元(1573年)年といわれ、普段山の上の神社に祀られている御神体が、年に一度行列を組んで里に下り、五穀豊穣、家内安全、無病息災を願って練り歩くものです。

この祭りは、10月の第2土・日曜日の二日間にわたって行われます。
初日の夜祭りは、満島神社「原の森」にて神幸祭が行われ、午後5時に「南の森」前宮に向け出発、二日目は正午に「南の森」を出発し、午後6時頃「原の森」に到着します。

行列は、子供たちの奉納昇り旗を先頭に、「氏子青年」による勇壮な掛け太鼓、雌雄一対の獅子「神楽団」を先頭にした壮年層の「宿入れ」、宮司を始め氏子総代に警護された御神体、老年層の「温故団」と呼ばれる祇園ばやし、時の大名行列の趣を感じさせる華やかなものです。夕闇時刻に「原の森」に到着し、厳粛に神事及び鎮めの儀の後、「花取り」が祭典最後の行事として行われます。

また、「花取り」が行われる頃には、神社から御神火を頂いた「奉納花火」が打ち上げられ、併せて保育園児から小・中学生、各種団体まで参加して「きおい」大会が行われます。

開催日 例年10月第2土・日曜日

お問い合せ:天龍村教育委員会 TEL:0260-32-3206

満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)
満嶋神社秋祭り(天龍村)