阿南町・天龍村・売木村 商工会広域連携 地域情報サイト sai 南信州ねっと

祭り・イベント

念仏講

宝暦10年頃(二百六十一年前)から始まったと伝えられている。 観音堂正面菩薩脇の木札には「有縁無縁三界万霊」「報暦十庚辰正月十日於観音堂四十八念仏修行」と書かれている。当時希に見る凶作と疫病により大量の死者が出て、これを恐れた村人たちは神の加護を求め、金生山宝蔵寺横に観音堂を建立した。正面に観音菩薩、右に弘法大師像、左に善光寺如来、さらに西国三十三カ観音菩薩を奉迎安置し、四十八日間堂にこもりひたすら念仏を唱えた。
以来今日に至るまで続いていて、かつては老若男女を問わず村人の語らいの場ともなっていたが、現在では村の老人達により御詠歌、般若心経、和讃等をもって、村内安全と五穀豊穣を祈願されている。昔、一年だけ「お念仏」を行わなかった年に、疫病により多くの人が亡くなり、二度と休まなくなったとの伝承もある。通常は午後1時ごろより各地区の当番が集まり念仏が唱えられるが、初回向(4日)、中回向(27日)、終回向(23日)は大勢が参加して盛大に行われる。おおらかな方ばかりですので、ぜひ声掛けしていただき、観覧し、お茶話にお付き合いください。

開催場所:中央観音堂

住所:長野県下伊那郡売木村 中央観音堂

開催日:2月5日~3月24日

お問い合せ:売木村教育委員会 TEL:0260-28-2677

アクセス

三遠南信自動車道 天龍峡I.Cより車で約60分